店長日記

2021.11.11 医療費 過去最高44兆円!


厚生労働省の発表によると、

2019年度に保険診療にかかった

医療費の総額である国民医療費が、

前年度比2.3%増の

44兆3895億円になったとのこと。(ひえ〜)

一人当たりでは、

前年度比2.5%増で、

35万1800円となり、

いずれも3年連続の増加で、

過去最高を更新したそうです。

国民医療費とは、自己負担額と公費負担額の総額のこと。


単純計算で考えると、3割負担で医療を受けた人は、

2019年は年間105,000円くらいの自己負担で

医療を受けたということになるでしょうか?



「保健が効く」というのは、

医療を受ける当事者にとっては、とても助かる話ではありますが、

一方では、「安いから」といって安易に保険を使うことにもなります。

本当に必要性があって使われているのは、

総額44兆円のうちのどのくらいなのでしょうか?


医療が発達してきてはいますが、

国民医療費が過去最高を更新するということは、

病気の人がどんどん増えてきているということ。

医療って、本当に人を健康にしているのだろうか?

と疑問を感じてしまいます。


医療は病気や怪我を治してくれる専門家ですが、

体を健康にしてくれるのは自分自身です。

毎日の食事や生活習慣に気を配り、

健康を維持するのは自らの行動に他なりません。

そのところを顧みず、

「病気になったら医者が治してくれる。」

と考えている人がなんと多いことでしょう。


これからどんどん高齢化が進みます。

医療費はさらに増えると予想されます。

だれがその医療費を賄ってくれるのでしょう?

現役世代の若い人たちもどんどん減り続けています。

いつまでも、豊かな社会保障に安住していると、

将来日本の社会保障は潰れます。

確かなセーフティーネットを維持するためにも、

一人一人の健康自主管理の精神が

これからもっともっと必要になります。

2021.10.29 週末のDIY


10月の週末、2回は娘のリクエストに答えて、

娘の部屋に本棚を作りました。

本棚と言っても、家具を1台作るのではなくて、

(家具なんていう大それたものは作れません。
 家具職人ではありませんので。)

ツーバイフォーの木材と、「ディアウォール」という

突っ張り棒になるような道具を使って棚を作りました。


この「ディアウォール」は壁に穴を空けることもなく、

天井から床までの長さのツーバイフォー左右2本で柱にして、

そこに棚をつけていきます。

棚の横幅は柱を動かせばいいので、

その場所に合ったサイズをつくることができます。

棚も3mくらいの長い板をホームセンターで買って、

希望の幅に何枚もカットしてもらいます。

棚だって好きな高さに取り付けられるので、

自分の希望に合った本棚ができていいです。

棚を買ってきたら、あとは棚受けの金具とネジで取り付けるだけ。

ただ、サイズをきちんと測らないと、

うまく棚はできません。

そこだけは慎重に測りました。


何年か前に、もう一人の娘の棚を作ってあげていたので、

いろいろと必要な工具も揃ってきましたが、

今回思い切って買ったのが、電動ドライバー。

電動ドライバーも高いものかと思っていましたが、

ホームセンターで3,000円くらいと、手頃な価格でしたので

ついに買ってしまいました。

まあ、この電動ドライバーがあったことで、

棚の取り付け、つまり柱と棚の直角ジョイントのネジの取り付けが、

とても簡単でした。

最初は私がやっていたのですが、

娘も電動ドライバーに興味津々だったので、

やらせてみたら上手にできるし、

もっとやりたいと言って、

途中から一人でずっと棚の取り付けをやっていました。

なんとなくDIY女子になりそうです。

そしてできたのがこちら。

店長日記20211021

写真ではなかなかその良さは伝わりずらいですが、

ベッドと壁の間にピタリと収まり、

1枚の棚も手前の机の高さに合わせて取り付けましたので、

パソコンも置けたりと、いい感じです。

まだ新しい木の香りもして、

我ながらよくできたなあと自己満足しています。

全て娘本人が置きたい物の高さ、

洋服を掛けたい高さ等にも合わせて作ったので、

娘もとっても満足してくれました。

今では棚に本やらCDやらいろいろ置いて、

楽しそうに机に向かっています。

めでたし。めでたし。

2021.10.4 夢を叶える


我が家の長女が今年4月に就職。

関西の某放送局で仕事をはじめました。

彼女は、とにかくお笑いが大好きで、

一人でお笑いライブにいくくらい

お笑いの世界にハマっていました。

そんな彼女の夢は、自分で番組をつくること。

新しいお笑い芸人さんを発掘して、彼らにライトを当てる。

それが彼女の夢だと聞きました。

念願叶い、放送の仕事にたずさわり、

今は番組制作の仕事をしているようです。

最近では、有名なお笑い芸人さんの番組の

制作にたずさわることになり、

今まで劇場の観客席の側から見ていた芸人さんと

一緒に仕事をするまでになったようです。

まだまだ駆け出しの新入社員ですが、

確実に一歩一歩夢に近づいているのが、

日々の家族とのLINEの交換から垣間見えます。


自分の夢が明確になると、

その夢を叶える為の行動まで明確になる。

もちろんすんなりとはいきませんが、

目標が明確であれば、そう簡単に挫けることもありません。


好きなことって、とても力になるのだなぁと、

離れて暮らす、我が娘の行動を見ていて、

つくづく思う今日この頃です。

2021.9.16 思い込み


先日、長い間お風呂で使っていた、

ボディーブラシが壊れてしまいました。


ボディブラシは馬毛でやわらかく、

肌を洗うのにとても気持ちがいいし、

柄が取り外しできるので、

柄をつければ背中が洗えるし、

柄を外せばハンディで手足も洗いやすく、

私のお気に入りだったのですが、

木製のため、腐食して割れてしまいました。


なので、新しいものを買おうと思いました。

以前買ったのは、イオンモールの中に入っていた、

生活雑貨のお店で見つけて買いましたが、

今はそのお店は撤退してしまって、

買うことができません。

ということで、

無印良品に行ったり、

東急ハンズに行ったりして、

いろいろ店舗を廻って探しましたが、

ボディブラシはあるものの、

柄の取り外しができないものばかり、

あってもとても高く、

買う気になれませんでした。

他に取り扱っているお店がないかなと

壊れてから2・3週間探していました。



と、ふと「あれ?ネットで売ってないか?」

と思いつき、ネットで検索してみたら、

ありました。ありました。

しかも、以前買ったのと同じもの。

値段もリーズナブルだったので、

早速購入し到着を待つばかりです。


日頃、自分がこうしてオンラインショップを運営しているのに、

笑ってしまいます。


なぜ、しばらくリアル店舗を探し回っていたのでしょう?

たぶん、それは、最初に買ったところが店舗だったから。

ボディーブラシはお店で売っていた。

お店で買ったという

記憶がずっと残っていたので、

それが思い込み(バイアス)となって、

ボディーブラシ=お店

となってしまっていたのでしょうね。

たかがボディーブラシですが、

こういった小さなものに限らず、

日常で自分が抱える思い込みってもっとたくさんあるのだろうなぁ。

と、つくづく思いました。

ある一つのことについて、

視点を変えてみたり、

俯瞰して見てみたりと、

柔軟な思考をすることって大事ですね。

普段の生活の中や、仕事にも

この柔軟な思考を忘れないようにしようと思った一件でした。(笑)

2021.9.14 タクシー乗車


昨日、家族の用事につきあい、

津田沼からタクシーに乗って東京都内まで行って帰ってきました。

日頃、マイカーだったり、電車だったりと、

タクシーに乗る機会なんて、

近年ほどんどありませんでした。

記憶にあるのは、

バブル全盛期。

そうまだ20代の頃。

夜中まで飲んで終電が無くなり、

四谷からタクシーに乗って帰るとか、

まあ、贅沢なことをしていましたが、

ここ何年。いや何十年とタクシーに乗っていないことに

気がつきました。

そして、久しぶりにタクシーに乗って驚いたのは、

運転手さんのサービスが良くて、

タクシーの中が綺麗なこと。

昔はタクシーといえば、

社内はタバコ臭く、座席にはビニールのカバーがしてあって、

そのビニールにもタバコの匂いが染みつき、

車内は臭いものでした。

また、ドライバーの態度も横柄で無愛想。

運転も荒く、乗っていて不愉快になることもあり、

荒い運転のせいで、車酔いさえ感じることもありました。

ところが今では、車内は綺麗で広く、匂いも全くなく、

(暑かったので)エアコンがほど良く効いていて、

とてもいい環境でした。

また、ドライバーさんも、言葉遣いが丁寧で、

「空調の温度加減は大丈夫ですか?」

とか、

車から降りるときも、

ちゃんと「ありがとうございました」

「お気をつけて」

なんて言ってくれるようになりました。

何十年と乗らないうちに、

タクシー業界もどんどん進化していっているのですね。


東京オリンピックということもあったのでしょう。

実際には実現しませんでしたが、

世界中から観光客が来て、タクシーを使うことで、

日本の良さをPRすることができる。

そのためのサービスの向上もあったのでしょう。

そしてこれからは高齢化社会。

高齢者が増え、車を運転する人も減ってくる。

でも移動の手段は欲しい。

そんな需要から、タクシー利用の需要も増えているのでしょう。

車の車高も低くなり、乗り降りが楽になり、

ドアの上には手すりもある。


タクシーも含め、人に優しい社会が

どんどん実現していけばいいなと思います。

ソフト面でもハード面でも質を向上させるということは、

人に優しくすること。

人に優しくするということは、

大きく見れば、その人を人として尊重すること。

人は誰でも尊重されたい。

そして、尊重した人は、

尊重してくれた人を尊重する。

つまり、尊重の輪が広がる。

言い換えれば感謝の輪が広がる。


タクシー業界に限らず、

さまざまな会社と個人が感謝の輪でつながればいいと思います。

それは弊社も然り。

おもてなしの精神は日本人には得意のところ。

「お・も・て・な・し」

と随分前にスピーチされた滝川クリステルさんを思い出しました。(笑)

2021.9.7 コロナの自宅療養と高齢化社会


2021.9.7  コロナの自宅療養と高齢化社会


コロナの感染爆発で、

病院では対処しきれず、

自宅で療養する人が増えているとのこと。

それに伴い、自宅で症状が悪化して

死亡に至るケースも出ているとか。



大変な状況にあることは間違い無いですが、

このパターンは、私は将来の高齢化社会においても

同じような状況が起こりうるのではないかと

懸念しています。


どういうことかと言うと、

この先、私も含め、高齢者が増え、若い人たちが減る。

2050年頃には、65歳以上の高齢者1人に対して、

それを支える20歳〜64歳までの現役世代も、

1人となってしまう予測が出ています。


例えば、病院でも、

現役世代である医者や看護師さんがいなければ、

病院も減ってくるし、病気を診てくれる医師も減ってきます。

老人介護施設でも、

施設はあっても、そこで介護をしてくれる現役世代が

いなければ、ただの宿泊所と化してしまいます。

実際、最近の求人広告は介護士さんの募集がたくさんです。

現状としては、給料も安く、仕事は肉体労働もあり、

精神的にもキツい仕事で、なかなかなり手がいないのが

現状かもしれません。


このように、現役世代が減り、高齢者が増えることで、

今まで通りの医療が受けられるか、

介護環境が整っていられるか、

といったら、難しいことになるのではないでしょうか?


今までと同じ医療や介護がこれから先、

受けられるとだれが証明できるでしょうか?

今まで経験したことのない時代がやってくるのは、

今回のコロナ禍で実感したと思います。


そうなってくると、

高齢者となって、受けたい医療も受けられず、

介護の状態になっても十分な介護が受けられず、

自宅でじっとしているしか手立てがない。

なんて状況が現実となることも考えられます。

すでに孤独死など、一人暮らし世帯が増え、

近所付き合いも少なく、

気がついたら亡くなっていたというケースも

増えてきています。


なのでこれからは、

今まで以上に一層、

なるべく病気にかからない、

なるべく介護の状態にならない

ことを念頭において生きていくことが

必要になってくるのではないでしょうか。


そのためには、

自分の健康は自分で守るといった意識をしっかりと持つこと。

そして、健康寿命を伸ばしつつ、

生涯を全うすること。

その方が、これからの時代の生き方だと思います。

人生が100年に伸び、生涯が長くなった分、

いつまでも健康で、いきいきと楽しく生きなければ、

もったいないです。

できれば「ピンピンコロリ」が一番いいですね。


コロナ禍の現在でさえも、

自分の健康は自分で守るといった意識は必要ですね。

コロナに罹らない対策と、

罹っても重症化しない対策が必要だと考えています。


2021.9.1 8月も無事終了

2021年9月1日

8月も無事終了しました。

無事終了したとは、

対前年の売上を超えることができたということ。

本当によかったです。

売上、売上といっても”儲かって良かった”ということではなくて、

(それもたしかに事実ですが)

それだけ、買ってくださる方が多かったということ。

買ってくださるということは、

ホワイズ栄養食品という製品を信頼してくださっている

ということ。

だれも買って不安なものは買いません。

製品の良さ、ホワイズという会社への信頼をいただいている

ということの証だと思っています。

また、コスモス・サプライとしては、

積極的な情報提供や、お客様への細かなフォローなど、

そういったことを地道にやり続けているからこそ、

ホワイズやコスモス・サプライへの信頼が高まり、

ご購入へつながっているのだと思います。


なので、売上とは、お客様の信用のバロメーターと

考えています。


今この時代に必要なものの一つは「栄養」であり、

積極的な栄養に関する学びと、栄養摂取が、

健康自主管理のレベルを高める。

これからの時代に生きていくために必要なことだと

考えている方が、ご購入へつながっていると実感しています。


会社の経営は、

売り手よし、

買い手よし、

社会良し、

でなければいけません。


「あんたが嬉しいだけじゃなくて、

 みんなが嬉しいのが一番なんだで」


と言ったのは、大河ドラマ「晴天を衝け」で

和久井映見さん演じる 渋沢栄一の母ゑいの言葉。


本当にみんなが嬉しいのが一番なんです。

みんなが嬉しくないと、事業も続きません。

これからも「三方よし」の精神でお仕事を進めていこうと思います。

パラリンピック観戦中


2021年8月29日(日)

パラリンピック観戦中!

東京オリンピックも終わり、

次はパラリンピックが開催されています。

先日の競泳もすごかったですね。

山田美幸さん。100m背泳ぎで銀メダル。

14歳の日本人最年少でのメダル。

鈴木孝幸さんのベテランの泳ぎ。

土曜日の朝に観た、トライアスロン。

日本人選手では、宇田秀生選手の銀メダル。


腕や足が無くても上手に早く泳いだり、

自転車を漕いだり。

身体機能の欠損をものともしない運動能力と、

何よりその精神力は凄まじいものがあると感じます。


生まれつき手足がなかったり、

事故で手足を失ってしまったり、

それぞれ障害を持った生い立ちは違いますが、

その人それぞれで、皆、相当な困難な状況を乗り越えて

こられたのだろうなと想像します。


だからこそ、選手がゴールした時の涙や、

インタビューでの笑顔が、また印象的で

感動するし、元気と勇気をもらいます。


パラの前のオリンピックも含めて、

普段では観ることのないスポーツや、

さまざまな人たちの活躍。

勝利した人、負けてしまった人。

感動や歓喜もあれば、悲しみもあり。

4年に一度、開催されるオリンピックやパラリンピックは、

ずっと何年も地道に頑張ってきた人が

大なり小なり花開かせる場なのであり、

そんな姿を私たちが観て、感動と勇気をもらえる

地球が誇る、素晴らしい祭典だと思います。


障害があっても、無くても、

みなそれぞれ目標を持って、日々鍛錬して、

本番を迎え、緊張の中でも、

最善を尽くすその姿が、

観ている人に感動と勇気を与えてくれるのだと思います。



オリンピックやパラリンピックなどのスポーツに限らず、

日々の仕事においても、

切磋琢磨して、いいものを作り上げていく努力を続けていけば、

お客様にも感動を与えることがのできる仕事がになるのだろうなと、

日々実感している私です。(汗)

2021.8.23 栄養教室開催


2021.8.23

コスモス・サプライ
いきいきワクワク栄養教室開催しました。

今月から担当のホワイズ管理栄養士が代わり、
新しい担当の方がお話しくださいました。

テーマは、「いざという時に大切な、筋肉貯金のすすめ」。

コロナ禍で、自粛生活が続き、
外に出ない、体を動かさない生活が続くことで、
筋肉の減少が加速しているとのこと。
筋肉が減ると、

○転倒のリスクが高まる。
○生活習慣病のリスクも高まる
○感染症のリスクも高まる
○転倒により骨折や要介護、寝たきりにつながる。

とのお話し。

また、驚いたのは、
世界各国の寝たきりの高齢者人口の数の比率のお話し。

日本を100とすると、

アメリカ   20
イギリス   35
デンマーク  18
スウェーデン 10
     (数値はおよそ)

といった比率とのことで、

日本の寝たきりの高齢者の人口比率がとても高いことがうかがえました。
さまざまな要因があると思いますが、
その一つに、自主的に健康を維持することの
意識の低さが影響しているのではないかと想像しました。

国民皆保険という素晴らしい制度ではありますが、
一方で、病気になれば簡単に医者に診てもらえ、
病気は医者が治してくれるという医者依存の体質。
そして、病気になれば即薬。
薬大国の日本とも言われています。

いくら医療が発達していても、
寝たきりの人の数を減らすことはできないのですね。


そして、廃用症候群のおはなし
動かないことで起こる病気や障害のこと。
コロナ禍でこの症状を発症している人も増えているとか。
つまり、使わないものは、どんどん退化していくということです。
その顕著なものはもちろん筋肉ですが、
脳でも同じことですね。
毎日暇で何もすることがなく、
「きょうよう」(今日用事がある)
「きょういく」(今日行くところがある)
ない状態であれば、
頭を使う(=考える)こともなく、
脳も退化していくばかり。
認知症への可能性も高まります。

廃用症候群を防ぐには、
普段からの運動と栄養摂取で
筋肉作りを心がけることが重要。

なかでも、タンパク質の摂取は特に重要。
タンパク質は、

○細胞になる
○筋肉の主成分
○白血球の材料
○赤血球の材料
○歯になる
○内臓になる
○ホルモンの材料
○骨の材料
○酵素の材料
○皮膚の材料
○爪・髪の材料

などなど体のさまざまな部分を構成している、
第一の栄養素です。

タンパク質は毎日の食事で70gは摂りたいところですが、
日頃の食事では、なかなか補いきれないので、
配合タンパクなどで補完することが大切である。

といった内容でした。

今回は、zoomでの参加者も多く、
質問もたくさん出て、
楽しく会話も弾み、
大変盛り上がりました。
いつもより、30分も延長して終了しました。


2021.8.19 毎日ご注文いただきありがとうございます。


2021.8.19 

お盆明け、17日より営業再開してからも、

毎日、毎日ご注文いただいています。

本当にありがたいことです。


お盆の期間は、

大雨と季節外れの寒さで、

各地で大雨。

特に九州や山陰山陽地方、

そして岐阜でも。

川が氾濫したり、山が崩れたりと、

災害が多く発生し、犠牲者も出ました。

ニュースを観ていても本当に気の毒で、

こころが痛みます。


そして、コロナの感染急拡大。

爆発的に増えていますね。

もう緊急事態宣言も効力を感じません。

私の比較的近くの人も、

コロナに感染したとの情報が入ってきて、

だんだん自分の近くまで迫ってきたかなと

感染の拡大を実感しています。


日本は他国に比べて治安も良く、

安心・安全の国であることは

間違いないと思いますが、

それでも、

近年、毎年のように各地で起きる災害。

そして新型コロナウイルスの災禍。

ある程度は国や自治体が守ってくれますが、

それでも全てではありません。

大規模であればあるほど、

国や政府の力は及ばす、

なんとか自分自身で安心・安全を作り上げていかなければ

いけない時代になってきたのではと感じています。


自分の安全は自分で守る。

情報をとる

事前の準備をする。

など、災害や事故などの外的要因に対して

対応するのに加えて、

自分の内的要因。

つまり健康でいること。

病気にならないこと。

例えば、

コロナに罹らないようにすることと、

もしコロナに罹っても重症化しない身体の準備を整えて

おくことが大切なことではないかと思います。



そういった自分の健康は自分で守るといった

自主的な健康管理の意識の高い方が、

お盆明けからご注文いただけたのかなと

感じています。

ありがたいことです。


これからも、

健康自主管理の意識をもっともっと広めていきます。


店長日記

店長写真1

こんにちは! 店長の浅尾 澄卓睦(すすむ)と申します。
「健康な暮らしのお手伝い」「生涯現役」をテーマに、創業40年、安心と安全のホワイズ栄養食品を皆様にお届けしています。
どうぞよろしくお願いいたします!
店長日記はこちら >>

栄養相談バナー

新規会員登録バナー1

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 栄養教室

営業時間は平日10:00~17:00
定休日でもホームページで24時間ご注文を受け付けております。
お気軽にお問合せください。
047-477-2872  店長:浅尾まで

QR

ページトップへ