店長日記

2021.6.29 ホワイズでは健康にならない?


2021.6.29 

ホワイズでは健康にならない?


お客様から、

「ホワイズを飲んでいても
 あまり効果を感じないし

 健康になってない気がする」

なんて声を聞く時があります。

とても残念なことですが、

確かに、ホワイズを飲んでいるだけでは

健康にはなりません。


「ええー? そんなバカな!」

なんて声も聞こえてきそうですが。


ホワイズ栄養食品は、健康の一助になりますが、

それが全てではありません。


「効果なし」のお客様の話をよく聞いてみると、

夜寝るのが0時過ぎだったり、

睡眠時間が短かったり、


体を動かさず、

家でゴロゴロ、テレビばかり見ていたり、


食事は店屋物で、外食が多く、

またお菓子や甘いものが好きだったりします。


このような生活を差し置いて、

ホワイズを飲むだけで健康になるのは難しい話です。


ホワイズには、

「ベーシック」
「ポジティブ」
「コンフォート」

大きく3つのカテゴリーで製品分けされていますが、

この3つのカテゴリーで、

木が成り立っているということを

例えて示している

「ホワイズツリー」があります。

  下図
ホワイズの木フルバージョン

ベーシックが幹の部分であったり、

枝葉がポジティブであったり、

花や実がコンフォートであったりしますが、

その土台となるのは、

食事であり、

睡眠であり、

休養であり、

運動です。

この土の部分の土台がなくては、

ホワイズの木も成り立たないということ。

ホワイズあっての土台であり、

土台あってのホワイズなのです。

その土台とは、

つまり生活習慣。



睡眠不足はホワイズでは補えません。

運動不足もホワイズでは補えません。

休養(とどのつまり過労)もホワイズでは補えません。

体によくない食事でもホワイズでは補いきれません。


そういった生活習慣を整えることで、

栄養を摂るということが効果を発揮してきます。


良き生活習慣あってのホワイズです。

ハイ!


2021.6.21 ダンス発表会


2021.6.21 

ダンス発表会

昨日は、長年娘が習っていた

ジャズダンス教室の発表会が都内で開かれました。

昨年の9月に開催予定でしたが、

コロナにより約9ヶ月延期しての開催。

座席も一つ飛ばしで座り、

感染の恐れもあってか、観客席も少なかったですが、


2年に1度の発表会のために、

長い間練習してきた成果を観たくて、

家族全員で観に行きました。


娘のダンス教室も早10年。

小学生の頃から始めましたが、

娘も進路のことを考え、今回の発表会をもって

退会することを決心しました。

今回が最後の舞台となりました。



娘は過去3回の発表会を経験していますが、

1回目は子供クラスで、

可愛いらしくディズニーの曲で踊っていましたが、

今回は大人クラスでの参加。

ダンスのキレもよく、またカッコよく

ときに大人雰囲気が漂うダンスを披露してくれて、

10年間の成長を感じさせてくれました。


ステージに上がるダンサーを見ていても、

ダンスの上手い人はもちろんですが、

顔の表情がいい人は、それだけ魅せる力、

観客を惹きつける力がありますね。


顔の表情がいいということは、

笑顔だったり、悲しそうな顔だったり、

曲に合わせて表情が豊かであることです。


私のように言うのは簡単ですが、

実際に踊りながら顔の表情を作るというのは、

さぞかし難しいのでしょうね。

踊りを踊るだけでも大変なのに、

顔の表情まで作るのは、至難の業なのかもしれません。

私なんぞがやったら引きつった顔になることでしょう。(笑)



我が娘の表情は自然な感じの笑顔で踊っていて、

とてもいい表情をしていました。

親バカですが、

参加メンバーの中でも

1、2位を争う表現力の豊かさだったと思います。


そんな訳で、

この週末は娘の成長を実感した、

楽しい週末でした。


2021.6.18 もう歳だから。。。


2021.6.18 

「もう歳だから」



昨日、NHKのあさイチで、

90歳のフィットネスインストラクター

として最近有名な

瀧島未香さんという方が出演されていました。


90歳とは思えない体の筋肉で、

食事も朝からしっかり摂り、

トレーニングも欠かさず、

明るく元気ハツラツ、

健康そのもの

といった感じでした。


あの健康な体は、

毎日の食事とトレーニングの賜物ですが、

番組の中で、瀧島さんがおっしゃっていたことが、

「年齢はただの数字です」

とのこと。

いやはや本当にすごいと思います。



仕事でお客様と話していても、

よく「もう歳だから」と

おっしゃられる方がいます。



「もう歳だから」という言葉は、

歳を重ねてくるとついつい出てくる言葉です。

「もう歳だから〇〇できなくなってきた」

といった、今まで出来てたことが

出来なくなってきたことで実感して

出てしまう言葉なのかもしれません。

まあ、確かにそうなのかもしれませんが、


この瀧島さんがおっしゃる通り、

「年齢はただの数字」

なのかもしれませんね。


自分の年齢が年々上がってくるたびに、

その数字で自分が歳をとってきたと、

自分で思い込んでしまっているのかもしれません。


自分で自分の中に

「歳」というものと

「そうあるもの」ということを

自然に刷り込んでしまっているのかもしれません。


そんないつのまにからか

自分の頭にこびりついた

固定観念から脱出することも、

大切なことだなあと、

つくづく思わせてもらえる、

瀧島未香さんでした。


2021.6.16 食事摂取基準


2021.6.16(水)

厚生労働省が定めている

「日本人の食事摂取基準」

というのがあります。

1日に必要な各栄養素の量を示しています。


その基準値が、よくスーパーの食品売り場でも見かける、

「1日に必要な量が入った〇〇(栄養素)」

食品であったり、ドリンクであったりします。


「1日に必要な」と書いてあるので、

たいてい、

「これだけ毎日摂っていれば大丈夫だ!」

と思って、

毎日摂り続けますが、

この「食事摂取基準」って、

健康の維持が目的なのですが、

だいたい、この基準値は、

基本的に、

死なない程度の最低限の量に近いものなのだそうです。

なので、

その基準値通りに摂っていれば、

生きることはできても、

さらなる健康の増進には、繋がらない

ということ。

ましては、体の悩みや病気からの回復を目指すには、

もっともっと栄養摂取の量を増やしていかなければいけません。


まあ、たしかに、

国が定めるものは、必要最低限のもの。

健康保険だって、

治療によって使えるものは限られていますし、

特に歯の治療などは、

見た目をよくするためには、

保険適用外の治療が必要になります。


年金だって、

以前「老後2,000万円問題」があったように、

年金はなんとかやっと生きていくための、

保障にしかなりません。



国は、国民に

生きるために必要最低限の保障

(セーフティーネット)はしてくれます。

それはそれでありがたいことですが、


人間だれしも、

住も食も豊かに暮らしたい。

いつまでも健康で元気でいたいと思うもの。



必要最低限の基準を設けられると、

そこに安住してしまいがちです。


世間から解脱して悟りを開くなら別として、

私も含め一般人なら、

より豊かに、より健康に生きたい

という欲求は叶えていきたいです。


ならば、栄養に関しては、

「食事摂取基準値」と摂って安心することなく、

もっと積極的に摂っていくことが

この先豊かな人生を生きるためには

大事なことではないかと思うのです。


2021.6.11 ホワイズの原点


2021.6.11 
ホワイズの原点


健康食品は一般的に、

錠剤の形で売られているものが多いです。

粉末や顆粒を圧縮成型して、

粒状にしています。

なので、飲む時は、

水などで薬のように「服用」する感じになります。



一方、ホワイズの製品(栄養食品)は、

顆粒状のものが多いのが特徴です。












これらは全て顆粒状になっていて、

水や牛乳などに溶かして飲んだり、

複数のホワイズ製品と混ぜて一緒に飲んだり、

ヨーグルトなどの食品に混ぜて食べたり

することができるように製品化されています。



その理由の一つに、

ホワイズ創業時の理念があるそうです。

それは、

栄養素は毎日摂るもの。

なので、ホワイズの製品も

薬のように粒状のものを服用するのではなく、

毎日なるべく飽きのこないよう、

食事のように美味しく摂っていただきたい。

それを願って製品作りを考えたのだそうです。


それが、顆粒状になっている理由です。


ホワイズ栄養食品の中には

顆粒でない製品もありますが、

これらは全て、錠剤ではなくカプセルです。



酸化しやすい内容のため、

その製品の酸化を防ぐために、

空気に触れないよう

ゼラチンのカプセルにしています。



製品作り一つ一つにもホワイズのこだわりがあります。

そういった頑固なまでにいい製品作りを心がけた、

ホワイズの原点が製品それぞれに息づいています。



そんなホワイズのこだわりを想いながら、

毎日、各製品1つ1つ味わいながらいただくと、

またさらにいいことがありそうな気がしてくるから

不思議です。(笑)


2021.6.9 2020年出生数過去最小


2021.6.9 

2020年出生数過去最小

6月4日に発表された厚生労働省の

2020年人口動態統計で、

2020年に生まれた子供の数は、

84万832人で、

5年連続で過去最小の記録を更新したとの発表。


死亡数から出生数を引いた

人口の自然減は、

53万1816人の減少となり、

こちらも過去最大とのこと。



日本の人口は減り続け、

なおかつ、構成としては、

若い人の比率が下がり、

高齢者の比率が上がる、

といった流れが想像できると思います。



婚姻数や妊娠の届出なども

減少しているとのこと。

ますます高齢化社会が加速します。



日本における人口の減少は

避けられない時代の流れ

なのではないかと、

私は最近実感しています。


若い人たちにとっては、

生きている今の時代は、

生きやすくもあり、

生きにくくもある時代なのかもしれません。


さまざまなものがインターネットでつながり、

地球全体が繋がっていて、

いろいろな文化や思想など

あらゆるものの情報が容易く手に入れることができる時代です。

とっても豊かな時代になったと思います。

また、価値観が多様化し、

自由な生き方もできる時代になりました。


これだけ豊かな生活が送れる時代になったということは、

生存の危機が少なくなったわけで、

動物本来の活動である

自分の種を後世に残すということの必要性が

少なくなってきてしまったのではないかと考えています。


一方、生きにくさという点では、

子育てがしずらい環境でもあるということ。

価値観の多様化や、趣味娯楽など、

子育てよりも、自分にとって楽しいことが

身の回りにたくさん溢れています。


また、もし子供を持ったとしても、

その生活費は大変なものです。

塾や学費、はたまたインターネットの費用や

携帯電話の費用など、

時代の流れで、新しいものがどんどん増えていき、

それにかかる費用もどんどん増えていっています


それに加えて、

年金、健康保険、介護保険などの給与から天引きされる

社会保険料は年々上がり、

将来現役世代が支える高齢者の数は、

現役世代1人につき1.5 人程度になる予測。


人口減で経済も縮小し、

現役世代の給料も高度成長期のような

右肩上がりは期待できない。

となると、

子供を育てるということも躊躇してしまうのは、

自然なことかもしれません。


とうことを鑑みると、

人口減社会は避けられない

のではないかと思っています。


であれば、

これから高齢者になる、

今の50代、60代はますます健康で、

生涯現役でいることが必要となり、

支えられる側から、支える側にい続けることが

必要になるのではないでしょうか。


人生100年時代と言われ、

長い人生をできれば楽しく幸せに生き抜きたいものです。

とはいえ人間必ずいつかは死ぬもの。

それまでの間、

健康で、楽しく幸せに生きることこそが、

これからの若い世代の人たちが生活しやすい

世の中にするために必要なことなのかな。



なんて、

この「出生数過去最小」の記事を読んで

つくづく考えたことでした。

2021.6.7 わかって使っているか


2021.6.7

先日ラジオを聴いていたら、

ある漢方の専門家の方が言っていたことが、

とても腑に落ちました。

「わかって使っている人は効きが全然違う」

というお話し。

漢方を処方するに際しても、

使う本人が、

その薬がどんなもので、

何が入っていて、

どう効くのか

を理解して使う人は、

そうでない人に比べて、

効きが全然違うのだそうです。


いやはやその通りだと「ガッテン!」してしまいました。


以前も、あるお客様が

とあるサプリメントを買ったのだけれど、

製品の詳しい説明もなく、

「体の〇〇(部位)に効く」とは書いてあるけど、

何が入っているのか、

あんまり良くわからないで使っていたそうです。

そして、半年分の量のサプリを”買わされ”

大金を支払ったとのこと。

なんだか効いているのか、いないのか

よくわからなかった。

とのご感想を伺ったことがあります。



ホワイズもコスモス・サプライも

栄養教室を開催したりして、

栄養に関する知識や、

製品に関する知識を提供しています。


これも「わかって使っていただきたい」

という想いからのもの。



言い換えれば、

各自の

「健康レベルを上げる」

「健康自主管理能力を上げる」

ということに他なりません。



ご利用される方全員が

栄養教室にご参加いただける訳ではないので、

ご参加いただけない方にも

ホワイズをご利用してくださる上では

やはり「わかって使っていただきたい」と考え、

現在では、栄養教室をまとめた

簡単なリーフレットをホワイズに作成してもらい

それをお客様にお配りしています。



「わかって使っているか」

これって本当に大事ですね。

『稼ぎ続ける力』


2021.6.1(火)

『稼ぎ続ける力』
「定年消滅」時代の新しい仕事論
  著)大前研一  小学館新書

店長日記20210601

読みました。

今私が一番気になっているテーマです。

これから、若い世代は少なくなり、

高齢者がどんどん増えていく超高齢化社会。

ましてや、人生100年時代などと言われ、

これから10年後、20年後

現在の生活とはまったく異なるライフスタイルが

実現すると思っています。

もはや、「定年」は存在せず、

いつまでも現役で働ける時代が来る。

そのためには、自ら考え、

いつまでもキャッシュを稼ぎ続ける力が必要に

なってくると思います。

本書より

「もう○歳だから」は禁句である。

いま40代・50代の人たちは、

2040年に老後があると思ってはいけない。

60代・70代になっても仕事をやりまくっている

自分をイメージし、そういう方向にマインドセット

していかねばならない。

もちろん、健康維持のために体に動かし続けて

強化していく必要がある。

つまり考え方の基本的な枠組みを変えていくべきなのだ」


「自分の人生は自分自身で操縦桿を握って

コントロールすべきであり、

そのためには40代・50代で

定年退職後に手がける仕事や起業の予行演習を

重ねておかなければならない。

その結果、60代・70代になって

自力でキャッシュを稼ぐことができるようになれば、

会社の出世競争で負けたとしても、

人生の競争では勝てるのだ。」


本書の中には、

参考例やヒントがたくさん散りばめられています。

こういったヒントをもとに、

あとは自分次第。


「始めるのに年齢は関係ない。

やるか、やらないか。それだけである」(本書より)


健康でいること、

働くこと、

稼ぎ続けること、

つまりは、

自分の人生を謳歌することであります。

100年人生を楽しもうではありませんか!


言うは招く


2021.5.28(金)

「思うは招く」という言葉があって、

北海道のロケットエンジンの開発などを手掛けている

植松電機の社長の植松務さんの言葉です。

世界から「どうせ無理」をなくして、

一人一人夢を実現しよう。

諦めないで、夢を実現しよう

という意味が

「思うは招く」という言葉に込められているのですが、



最近、私はなんとなくこれと似たような

「言うは招く」という言葉があるような

小さな出来事がいくつかありました。



例えば、

私がお客様に「私、焼き芋大好きです」と言えば、

後から、私に美味しい焼き芋を持ってきてくれました。



それから、

うちの子供がお寿司のサーモンが大好きで、

「サーモン大好き、サーモン大好き」と

いつも言っているので、

先日姉妹の誕生日に、

桶盛り寿司を買ってきたのですが、

その中にあったサーモンは、

私も、妻も「貴方にあげるよ。食べていいよ」と

我が子は、めでたくサーモンの握りを

たくさん食べることができました。



また、

先日、放送の仕事に就いた長女は、

根っからのお笑い好き。

お笑い芸人さんのことなら、

ネタからその人柄まで詳しいのですが、

そんなお笑い好きのことを本人が楽しそうに、

友人や、会社の人にも広く伝えているせいか、

入社1年目にして、

とあるお笑いの企画の審査員をやるよう命ぜられたとのこと。



まあいろいろ小さな例えですが、

自分の「好き」を言葉にしたり、

表現したりしていると、

ちゃんとそれと似たことや、

同じようなもの、

あるいはチャンスが

ちゃんと集まってきてくれるのだなと

つくづく感じています。



上記の例えは小さなことかもしれませんが、

人生のヒントがそこに見え隠れしているようで、

楽しい気分になります。


自分の好きをどんどんおもてに出していきたいですね。



コメントはこちらからどうぞ↓

お客様のご感想


2021.5.26(水)

お客様からのご意見、ご感想は

とても参考になりますし、勉強になります。

また、最近ではそれが自信に繋がってきました。



最近ある新しいお客様が、

ホワイズを利用してくださることになりました。

今まで他社様のサプリメントを利用していたそうです。

お友達からの勧めで使っていたそうですが、

あまり効果を感じなかったそうです。


「内容はどのようなものなのですか?」と

伺いましたところ、

「よくわかりません」

とのこと。

また、毎月たくさん送られてきて

飲みきれないとのこと。

またそのお支払いに数十万円もかかったとか。



コスモス・サプライにおいては、

ホワイズからの栄養に関する資料とか、

弊社からのお知らせとか、

そのお客様に送らせていただいたのですが、

「こんなにもたくさんの、しかも参考になる資料を

 お手紙も添えて届けてくださり感動しました」

という嬉しいお言葉を頂戴しました。


そして、毎月開催している

いきいきワクワク栄養教室も、

「このような勉強会まで無料で開いていただいているなて、

 素晴らしいですね」

とおっしゃっていただきました。


他社のサプリメントは、

特にネットやテレビショッピング等で

大々的に宣伝しているサプリメントは、

正直私は怖くて買えませんでしたが、


こういったお客様のお話しで、

他社の売り方などがわかります。

(このお客様が使っていたサプリメントはネットや
 テレビショッピングではありませんが)

けっこう強引な商売をしているな。

意外とテキトーな案内をしているんだな。

ということがわかります。



逆に言えば、

ホワイズもコスモス・サプライも

丁寧に販売しているのだな

ということを、

改めて認識することができます。



大手企業並みの資金力はありませんし、

そこと競争できるはずもありませんが、

ホワイズもコスモス・サプライも、

値段は少し高くとも、

正しい製品を真面目に販売することで、

30年も40年も続くリピート顧客の皆様に支えられて、

地道にではありますが、

現在に至るという点では、

「信用第一」という言葉が頭に浮かんできます。



近江商人のポリシーの

「三方良し」

買い手よし・売り手よし・世間よし

に少しでも近いていけたらいいなと

最近思う次第です。




コメントはこちらからどうぞ↓

店長日記

店長写真1

こんにちは! 店長の浅尾 澄卓睦(すすむ)と申します。
「健康な暮らしのお手伝い」「生涯現役」をテーマに、創業40年、安心と安全のホワイズ栄養食品を皆様にお届けしています。
どうぞよろしくお願いいたします!
店長日記はこちら >>

栄養相談バナー

新規会員登録バナー1

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 栄養教室

営業時間は平日10:00~17:00
定休日でもホームページで24時間ご注文を受け付けております。
お気軽にお問合せください。
047-477-2872  店長:浅尾まで

QR

ページトップへ